ベッドカットが必要になるワケ。

こんにちは

名古屋市訪問理美容houmonさんの長谷川です。

今回は訪問理美容の現状とそれに対して思う事を自分なりにまとめてみました。

途中で毒はいてる部分もありますが自分なりに思う事ですのでご了承下さい!!!

小規模サロンの現状

今私達の美容業界はコンビニの5倍という驚異的な数のサロンが存在しているのは

なんとなく聞いた事がある方が多いと思います。

その中の約8割以上が小規模サロン経営(3人以下)で営業しています。

 

小規模のサロンもこれだけ周りにサロンがあると

集客の方はぼちぼちで運営はしていけるけど

このままずっと続けていけるのだろうかと不安を抱えている所が多いのが現実です。

 

私達理美容師もお客様が年齢を重ねていくとなかなか理美容室に

行きたくてもいけないという方になんとかしてあげたいという想いで

自宅なり施設なりに伺ってカットしようと発想する方が多くなってきていると思います。

個人での訪問理美容による価格破壊

サロンに行けない方に対して、自宅・施設に伺ってカットする事は

私達理美容師にとってとてもいい流れだと思います。

 

ただ現状はカットの練習場としてつかわれていたり、

ボランティアでやっていたり、個人で小遣い稼ぎのために

入ったりしている傾向が強いです。

 

その影響もあってか一人当たりのカット価格がとても安い状況になっています。

 

訪問するというのは?

歩くのが困難だったり、認知がはいっていたりすると

サロンまでタクシーを使っていかないといけない。

ご家族の方が連れて行く。などその場にいく事帰ってくる事も容易ではないです。

 

そんな方達の元へ訪問するという事は知識・技術を少なからず勉強しているはずです。

サロンと出来るだけ同じ状況を自宅・施設で行う事ってスゴい事だと思いませんか?

訪問先で必要な道具を持って、私達の技術を活用する。

それを安く請け負う事をしてしまってはこの先続けていく事が困難になるはずです。

 

ある程度の価格を頂く事で向上心が生まれてくると思います。

これからは寝たきりの方も今以上に増えてくるはずです。

私達のように訪問理美容をやっていこうと思っている方は更なる勉強が必要になります。

ボランティアだけでは限界が来ます。

訪問理美容の価値

よく施設様からの問い合わせもきます。

『出来るだけ安くやって欲しいけどいくらで出来ますか?』

と言われることが多いですが、

同じ事業者なら長く運営していく事の大切さも分かるはずです。

 

請け負いたい気持ちもありますが、正直一緒に働いてくれる方の事を

考えると難しいのが現実です。

だからこそ訪問理美容の価値(ホウモンさんの価値)を伝えていく必要があると感じています。

価値とは?

訪問理美容の価値って?なに?って思いますよね。

私が価値と感じている所は

・サロン同様のサービスが自宅・施設で受けれことができる。

・外出困難の方がサロンに移動する時間と費用がなくなる。

・場合によりますが1人でサロン運営している方だと店を閉めて訪問する。

・訪問専用に必要な道具・技術を習得し(それなりの時間と経験をしている)施術している。

 

今ホウモンさんでは訪問理美容をより楽しく暗いイメージを払拭できるか!

お客様も技術者も早くキレイにでき、施設さん・ご家族の方に手を煩わせない

方法を常に考えています。

 

その中の1つとして人手不足でやる事の多い施設さんには上手く連携をとる事、

在宅で介護している家族さん、ヘルパーさんとの連携も重要な事の1つと思い

どの方法がやりやすいか考えて提案しています。

 

最後に!!

これからの理美容業界で生き残っていこうと思うと

訪問理美容は人口推移の関係で外せないカテゴリーの1つになりつつあります。

 

オシャレなサロンでオシャレなスタイルを提案したい!

そんな想いで美容師を志して働いてきました。

でも美容師のできる仕事をその想いが狭めていたとも思います。

 

どんな場所でも培ってきた技術は提供できます。

それを求めている方がいっぱいいる事に気づいてから

考えが変わりました。

 

この春から働き方改革の流れが強くなると思いますが、

訪問理美容は働き方のバリエーションに開拓の余地があります。

 

ホウモンさんも上手く時代に乗りながら、形を変えていきたいと思います。

タイトルにもあったベッドカットの技術・知識は必ず出来るようになると

求めているお客さんはとても多いです。

 

ホウモンさんも最近はその部分に力を入れて取り組んでいます。

最新の情報を取り入れ改善を繰り返してより良いサービスを届ける事が出来るよう

していきたいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です