台風による災害の不備さと訪問理美容の繫がり

こんにちは

ホウモンサンの細川です。
今回台風直撃により皆様も大変な思いや家から出れない不備さを感じているのではないでしょうか?
今回この台風の時に愛知県の離島〈日間賀島〉に訪問カットに行きました。

4日火曜日はまさに台風直撃で、安全第一でこの日の訪問カットは全てお断りし、翌日に訪問させていただきました。ということで、4日は宿屋から一歩も出ずに待機をしていましたが、天災なので仕方がない所もありますが色々と不便な事や困った事など、普段当たり前にやっている事が出来ない不備さをいくつか僕個人が感じた事をまとめてみました。

 

名古屋と日間賀島の生活の違い

先ず、僕が日間賀島に訪問カットに行く事になったのかという所からお話ししますね。
今年の11月で日間賀島訪問カットも7年目になります。

きっかけは、遊びに行った時に入ったご飯屋さんの女将さんに言われた一言「島に美容師さんが来てくれたら島のみんなが助かるわ」
この言葉がきっかけで毎月訪問カットに行く事になったんです。

もちろん、日間賀島にも美容院や理容院はあります。
コンビニや歯医者さん、学校や医者だってありますし、船も朝から夜まで定期便も出ているので、名古屋や半田など街に行くのも1時間〜1時間半もあればいけちゃいますので、名古屋などとなんら変わらずに生活できます。

でも、島の方が困っているのが現実だったんです。
何故?と最初は思いました。
日間賀島は観光と漁業が盛んで、ほとんどの方が島で働いています。

 

となると、土曜日曜は観光で忙しく、漁業の方は不定休だったり(今回のような台風など)と天気で休みが決まったりします。なので前日や当日休みになる事が多いそうです。

観光業に携わっている方も、私達理美容業と同じ接客業なので休みは不定休です。
今美容院や理容院は予約制やインターネット予約の所がほとんどだと思います。
飛び込みはなかなかできないサロンさんが多いので、行こうと思っても予約が取れない、帰りの船に間に合わないなどと、なかなか行けないのが現状だと思います。

「島にも美容院や理容院があるならそこに行けばいいのでは?」
と、このように言われる方もいます。
皆、お気に入りのサロンや美容師さんなどいますよね?
なので、やはり『行く時間が無い』『来てくれると助かるわ』と言われたのがわかりました。

名古屋などの街となんら変わらないんです。
むしろ接客業の方も多いので、とても身だしなみに皆さん繊細なんだと思いました。

当たり前だった事が出来ない

この台風で、一日外に出る事ができませんでした。
船も朝から欠航が決まり名古屋に帰る事ができません。
僕も島の方もこの日は島からは出れません。
しかも、昼の2時〜夜の8時まで停電・・・

長かったぁ〜

なかなか名古屋ではない停電!
ちなみに僕は名古屋に住んでますが、停電は最低でも25年記憶にありません。
なので、すごい経験で最初はワクワクとこの状況が楽しかったです。

が、しかし

やはり停電は困りました
先ず、携帯の充電が無くなってしまいました・・・
連絡手段がなくなる、暇つぶしができなくなる、僕はアイフォーンなので懐中電灯代わりになるのでライト代わりに使えばもちろん充電が無くなる・・・まさに負の連鎖
そして、夕暮れになると真っ暗になので流石に停電を楽しんでいましたが、焦る気持ちが出てきました。

テレビもみれない、冷蔵庫も使えない、台風なのでお店は全てお休みでご飯が無い、エアコンも使えないので暑い、窓は開けれないですし・・・

夜になると周りも停電なので本当に真っ暗闇
流石に焦りますよね〜
電気がついた時は感動でした!!

今まで当たり前に出来ていた事が出来なくなるとこんなに大変な事だとしみじみ感じました。
ただ僕は翌日に訪問カットできましたが、島の方々は台風による片付けや、船が動く翌日にかかりつけのお医者さんに行ったり、漁業の方は漁の準備や船のメンテナンスなどがあるそうです。

やはり、美容院に行くなどは優先的に後になりますし、行きたくても行けないのが現実なんだなぁと思いました。名古屋などではこのような感覚はたぶんあまりないのではないでしょうか?

協力し合うということ

日間賀島では島民の30歳〜33歳の男性からなる『消防団』があります。
皆仕事をしながら島民を守る為にボランティアで消防団を結成し、活動しています。

今回の台風はもちろん消防団は朝から夜までフル回転で活動していました。
皆前日ももちろん各自の仕事をしていますし、翌日も朝から仕事の方もいます。
でも、島の安全の為に協力し合い活動しています。

街では、消防士さんや救命士さんが行なっている仕事内容です。
この消防団になると、なかなか島外に出かけられません。

なぜなら、消防団がいなくなると島の方々に何かあった時に困ってしまうので、消防団になると約3年は旅行などの遠出や島外への外出がほぼ出来ないそうです。
もちろん、美容院に行くのもなかなかできなくなりますし、家族サービスでの外出も限りがあるそうです。

島には消防団以外にも『〜会』『〜部』のような活動もいくつかあるそうです。
皆協力し合っているんだと、この台風で知ることができました。
名古屋などでも『〜会』のようなのはありますが、美容院などに行くことはなんとかなると思いますが、島の皆さんは帰りの船の時間などを考えるとなかなか美容院へ行くというのが難しいんだと思いました。

改めて訪問カット(訪問理美容)の意味

約7年日間賀島に訪問カットで来ていましたが、今回日間賀島で台風を体験し、半日停電で不備な思いをし、島の消防団の活動を知りとても良い経験をさせてもらいました。

 

サロンワークは多くの美容師がメインでやっている仕事だと思いますが、訪問カットも美容師の仕事の1つだと思います。
日間賀島の訪問カットもその1つですね。

訪問理美容は
[高齢者、介護を必要な方、介護をしている方、怪我や通院をしている方、子育てしている方、妊娠中の方、なんらかの理由で外出が困難な方、その家族の方]などとあります。

 

美容院や理容院に行きたくても行けずに我慢していたりあきらめている方が多いのではないでしょうか?

まだ訪問理美容はあまり認知されていないサービスだと思います。
私たち『ホウモンサン』は多くの方に知っていただき、いつでもどこでも理美容サービスを提供したいと思います。
お困りの方はいませんか?
諦めている方いませんか?
『ホウモンサン』で笑顔になっていただければと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です